2010年03月17日

民主は今年で消滅? 首相、結党時に「時限政党論」(産経新聞)

 11日の参院予算委員会で、自民党の島尻安伊子氏は鳩山由紀夫首相が平成8年の旧民主党結党にあたり「2010(平成22)年までの時限政党論」を唱えていたことを取り上げた。

 当時、鳩山首相とともに2人代表制で代表だった菅直人副総理・財務相は「党で正式に決めたのではなく、代表の一人がそういう考え方を持っていた」と指摘。その上で「民主党は進化、拡大、強化されて政権を獲得した。これからが勝負だ」と述べ、「存続」を明言した。

 鳩山首相は旧民主党結党直前の8年8月の記者会見で新党の理念を発表し、その中に「21世紀の最初の10年間にしっかりと責任を持つ政党をつくる。戦後世代を中核とし、2010年になったら消滅する『時限政党』とする」と盛り込んだ。ただ、同年9月の正式発足時には採用されなかった。

【関連記事】
「北教組の1600万円なんて端金は受け取りません」
公邸改修費“過少申告”、平野官房長官が認める
朝鮮学校無償化適用 首相「決めてない」
小林議員聴取問題 進退明確にして自浄示せ
首相「必ずやるとの意志」 普天間“覚悟”発言
20年後、日本はありますか?

【風】利用者本位の制度に(産経新聞)
<提訴>YOSHIKIさんら出演料など求め 制作会社を(毎日新聞)
厳戒態勢の中、抗議活動も=「第2昭南丸」到着の東京港(時事通信)
密約有無、政府見解出さず 岡田外相が表明(産経新聞)
7人焼死火災、グループホーム運営会社など捜索(読売新聞)
posted by タダノ ミチコ at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。